プロジェクトに応募する

やまと在宅診療所登米

総合診療医

星野 智祥 先生

地方での教育

総合診療医として地方で働く

星野 智祥 先生

地方での教育に携わる―地方で学べること

やまとでは、医師が都市と地方を循環しながら働くという一つのコンセプトを掲げています。ストレスの多い医師という職業においては、これからの時代に合った新たしい医師の働き方のモデルになるのではないかと大いに期待を寄せています。私自身は仙台と登米を往復しながら働いていますが、へき地の代表である登米で働くことの意義について触れてみたいと思います。地方では総合診療医や家庭医が活躍できるフィールドがたくさん残されているのですが、医師が不足しているから活躍できる場所が約束されているという意味ではありません。このような医師が活躍するためには、理解のある行政、へき地医療の重要性を知る大学、同じ志を持ち共感できる同士、信頼のできるコメディカル、連携しやすい介護スタッフなど、多くの関係施設や人々の協力が不可欠なのです。登米では、へき地でありながら、このような医療・介護に関わる人的資源のモチベーションや質が非常に高いことに加え、訪問先の患者さんやそのご家族が非常にフレンドリーで、市外から足を運んでいる私に対してもオープンな気持ちで温かく受け入れて下さいます。訪問先の方々が、自分を待ってくれている、必要としてくれているというのは、非常にやりがいを感じることができますし、この地域に対して一生懸命に貢献しようというモチベーションになります。自分にとっては、家族の絆だったり、もてなしの精神だったり、古き良き時代の日本を感じさせてくれる登米の住民の皆さんも大切な医療資源だと考えています。

星野 智祥 先生

総合診療医としてやまとで働く

どの分野にも精通し、広い視野に立って全人的な視点で医療を行う医師を「総合診療医」や「家庭医」、「プライマリ・ケア医」など、いくつかの呼び名で付けられてきましたが、登米で働く私にとって呼び名はさほど重要ではなく、昔ながらの雰囲気を残す登米の地で、助けを必要としている目の前の患者さんに対して当たり前のように手を差しのべていくという原点に立ち返った医師でありたいと考えています。

診療では、診断や治療の選択に気を配ることはもちろんですが、生活の視点や介護の視点から、何か新しい提案ができないか、他の医療・介護スタッフが介入できることはないかを常に大切にしています。登米では介入するポイントがたくさんありますが、私の新しい提案に対して家族は一生懸命聞いて下さいますし、多職種で構成するスタッフも地元の方が多く、地元愛をフルに発揮して真剣に取り組んでくれますので、地域包括ケア本来の在り方を強く感じながら働くことができています。

さらに、やまとではモバカルに代表される新しい在宅診療のカルテシステムが既に運用されていますし、今後はAIや遠隔医療など先進的な技術を取り入れていこうとする機運があり、古いものに対して、新しいものをどこまで融合させていくことができるのか、どのように適応させていくのかという楽しみもあります。ただ、どんなに科学技術が発達しても、最後に人を救うのは人と人とのふれあいだと思っているので、その気持ちを忘れずに働いていきたいと思います。

PROFILE

星野 智祥 先生

やまと在宅診療所登米

総合診療医

星野 智祥 先生

新潟県長岡市出身。新潟大学医学部卒業。
宮城県のみちのく総合診療医学センターを経てやまと在宅診療所登米で勤務。宮城県登米市の総合診療アドバイザーとして市から委嘱を受け、市内での総合診療医の育成に携わる。